院長コラム

診療にあたっての想い、考え方

アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法  2018.10.23

現代病といわれ久しくなったアレルギー性鼻炎は、くしゃみ・はなみず・はなづまりが反復するため、学業・仕事・睡眠などに影響します.獲得してしまった体質に基づく症状なので、治療法は抗ヒスタミン薬を中心とした対症薬物療法が主体です.かつて眠気など副作用が付きものでしたが、最近は改善されてきました.でもできれば薬から解放されたい.アレルギー性鼻炎を根本的に治すことは望めないものなのでしょうか?

 かつて漆職人は自分の子どもに幼少時から少しずつ漆を舐めさせて、漆にかぶれない体質を誘導したといいます.現代においても、ダニによるアレルギー性鼻炎に類似した治療法があり、免疫療法といいます.なお今年ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑先生の癌細胞免疫療法とは別のしくみです.2つの方法があります.

1960年代から始まった ①皮下免疫療法.それなりの効果がうたわれていますが、毎週皮下注射が必要で副作用がしばしば出ます.

もうひとつは最近保険収載された ②舌下免疫療法です.ダニ抗原を含む抗原液または舌下錠を一日1回、舌下から吸収させるものです.初期投与で副作用が出なければ、その後は月1回の受診で済みます.①と比べ通院の時間的負担も軽くなりました.

 どのような方に奨められるのかといいますと①薬物療法無効、効果不十分な方②眠気など副作用が強い方③症状を抑えるのではなく寛解を希望する方、といったところです.この治療を選ぶには自覚的に鼻炎もち、という申告だけではだめです.採血検査でダニ抗原に対する抗体が高値であることが条件.ほかの病院で検査されたことがあれば、あらためて行う必要はありません.

 もともと投与されている抗ヒスタミン薬はすぐ中止しません.そろそろ免疫誘導されたかなという頃、試しに休薬します.症状再燃すれば時期尚早ということで再開.また時期をみて休薬試行します.休薬成功したら舌下免疫療法奏功です.その後ややしばらく免疫療法継続の必要はありますが、鼻炎体質からの解放は大きなメリットと言えます.

広報興産社第34号掲載


嗅覚障害の原因と治療   2017.06.20

嗅覚障害 原因となっている病態によって治療方法を選択します.
前鼻鏡検査・鼻腔ファイバー検査、レントゲンと静脈性嗅覚検査を行い病態を分類します. 1、3なら投薬で、2.は手術治療が有効です.

投薬治療も短期間で回復する症例、長期投薬が必要となる症例が混在します. 静脈性嗅覚検査の結果が芳しくないと治療期間が6ヶ月~1年半くらいかかりますので、辛抱が必要. 2は総合病院の耳鼻咽喉科へ紹介します.手術後、投薬治療も行います. 4.は投薬治療ですが、完全な回復は得られない症例が多いものです.

感冒後の嗅覚障害例は嗅粘膜が傷んでいるために治療に苦慮することが多いです.様々な医療機関を転々とする患者さんも多い領域です. ある漢方薬が奏功するという報告があり、自分も最終的に完治した症例の経験があります.

できる限りコミュニケーションをたくさんとり、患者さまと一緒に、一番いい治療を探していきたいと思っています.


患者さんと一緒に、一番いい治療を探す. そんなクリニックでありたいと思います.